ペニス増大に効果のあるシトルリン!デカくなるための摂取量は?

シトルリンの摂取量

チンコをデカくするために欠かせない成分が「シトルリン」

当サイトでも何度も説明してきましたが、チンコは血流がアップすることによって大きくなります。そしてその血流を増大させる効果があるのがシトルリンです。

ペニス増大に効果のあるサプリには、シトルリン配合が当たり前になってきましたが、そもそもチンコが大きくなるために必要なシトルリンの摂取量ってあるのでしょうか?

もっと言えば「1日に最低どのくらいのシトルリンを摂取すれば確実にデカくなるのか?」ということですね。

チンコがデカくなるシトルリンの摂取量

最初に結論から言うと

1日あたり800mgのシトルリンを摂取すればチンコはでかくなります!

そのため評判のいい増大サプリは、シトルリンの摂取量が1日800mg前後になっている商品が多いです。

そうなると「シトルリンを1日に2,000mg、3,000mg飲めば、より大きくペニスが勃起するのか?」
というと、そうではありません。

チンコの増大には

  • シトルリンの摂取限界量
  • 他成分との相乗効果

が深く関係してるからです。

シトルリンの摂取限界量

シトルリンだけではなく、成分には1日の摂取限界量というものがあります。

人間の体には1日に摂取できる「限界の量」があり、限界を超える量を飲んでも体内に吸収されず尿と一緒に体外に排出されてしまいます。

成分によって限界量はさまざまですが、

シトルリンの1日の摂取限界量は800mg~1,000mg

とされています。

個人差や体調によって少しぶれますが、1日に1,000mg以上のシトルリンを摂取してもそれ以上は効果がないんです。

ペニス増大には他成分との相乗効果が必要

チンコをでかくするためにはシトルリンだけでは意味がありません。

他のアミノ酸成分・漢方成分などとの相乗効果ではじめて大きくなるんです。

チンコの成長に必要なアミノ酸成分

シトルリンは、体の成長に必要なアミノ酸成分の一種ですが、アミノ酸成分は他にも、アルギニン・グルタミン・チロシン・ロイシン・トリプトファンなどが有効です。

アルギニン

特に、アルギニンはシトルリンと同じくらい大切な成分。

体内に入って「一酸化窒素を生成してペニスの血流を増大させる」という効果は一緒ですが、異なる2つの成分を摂取することで相乗効果が発揮されて、一酸化窒素濃度がより高くなります。

シトルリンを単体で800mg摂取するのであれば、シトルリンを600mg、アルギニンを200mg摂取した方が効果が高いです。

なぜアルギニンの方が量が少ないかというと、アルギニンの摂取限界量が1日あたり300mg~400mgだからです。

精力増強に必要な滋養強壮成分

勃起力アップのためには、滋養強壮成分も必要です。

マカ

マカ・クラチャイダム・朝鮮人参・すっぽん・蜂の子といった、滋養強壮植物や動物の漢方成分のことですね。

ペニスの勃起力には、性的な興奮の強さが不可欠。

精力がたぎっている状態なら、女性の裸みたり触れたりしたときに、ムラムラとした性欲が湧いて、いわゆる「ギンギン状態」になります。そのときに分泌される「男性ホルモン」によって、ペニスの血流が一気に増大してペニスが勃起します。

性的に興奮したときに男性ホルモンの分泌量が足りないと、なんとなくやる気も出ないし、ペニスも半立ち状態や硬くならない情けない勃起状態になってしまいます。

男性ホルモンの分泌を活発にするのが、滋養強壮成分の役割なので、シトルリンと一緒に摂取することで、これも相乗効果になって、ペニスの勃起力を高めます。

シトルリン摂取量のまとめ

シトルリンの摂取量についてまとめると

  • 1日あたり800mg~1,000mg
  • 1,000mg以上摂取しても効果がない
  • アルギニンなど他のアミノ酸成分も必要
  • 精力増強成分(漢方)も必要

となります。

そのため、単にシトルリンだけ配合しているサプリメントを飲んでもチンコはでかくなりません。

他のアミノ酸成分の力でチンコを成長させて、精力増強成分で男性ホルモン(成長ホルモン)を活性化させることではじめてシトルリンの効果が引き出されます。

そのため、効果のあるペニス増大サプリを選ぶときも

  • シトルリン、アルギニンを中心として
  • 他のアミノ酸成分が配合されて
  • 精力増強の漢方成分も配合されている

といった増大サプリを選びましょう。

当サイトのおすすめでは、上記の条件に合う増大サプリの中から実際に飲んでみてデカくなったと実感したものをご紹介しています。

チンコをもう少しデカくしたいのなら、ぜひ増大サプリを飲んでみてください!

>>効果を実感した増大サプリのまとめページはこちら