TOPICS

世界で最も権威のあるヒットチャート『Billboard』

Eva Rinaldi Celebrity and Live Music Photographer via Visual hunt / CC BY-SA

グローバルアーティスト育成プロジェクト「PROJECT TARO」より、世界の最高峰が活躍するステージやスポットなど、グローバルエンタメ情報の最前線についてをお届け。

今回は、全米で現在最も売れている楽曲がわかる音楽チャート『ビルボード』。このチャートで1位を獲得したことをきっかけに、世界的ブレイクを果たすアーティストが多数。日本人では、50年以上にわたり頂点に輝いた作品はない。


taro02

Eva Rinaldi Celebrity and Live Music Photographer via VisualHunt / CC BY-SA

1894年に雑誌として誕生、その後20世紀に入ると全米のジュークボックスで流れた人気曲を発表したことをきっかけに、独自にセールス統計をだし、チャートを作った。チャートは、レコードの売り上げ、ラジオでのオンエア回数を元に作成、現在ではそこにデジタル・ダウンロードやストリーミング回数なども加えて、作成されている。

また、カテゴリーはシングル、アルバム・総合ランキングだけにとどまらず、ロックやR&Bさらには新人など多岐に。このチャート(特に総合ランキング)で上位にランクインすることで、ブレイクしたのかそうでないかが決まってくると言って過言ではない、重要なものなのだ。

ちなみに、日本のチャートでは初登場で1位を獲得するアーティストは多数いるが、ビルボード・チャートではそういった例はわずか。そのほとんどが、ラジオやネットなどを通じてジワジワと曲のよさが広がっていき、長い時間をかけて上位に到達していく。つまり、いかにいい音を作ることがヒットの重要な要素になっているのだ。

日本からも世界的ブレイクを夢見て、人気ミュージシャンが全米デビューを果たしているものの、1963年の総合シングル・チャートで1位に輝いた坂本九の「Sukiyaki(上を向いて歩こう)」以降、トップ10にランクインした作品はない。

Early Release! Billboard Hot 100 Top 10 August 27th 2016 Countdown | Official

Text by Takahisa Matsunaga